FXトレードの勝率がグンと上がる!『エントリータイミング』を動画で解説!

はいさい!

ピアニカ

夏が近付いてくると、
洗濯物を干すときに必ずゴキジェットを持参するピアニカよ。

今回はこのタイミングさえしっかりしていれば、
FXトレードの勝率もぐんと上がること間違いなし!
ズバリ、『エントリータイミング』に関連する動画を集めてみたわ。

投資ってさあ。
最初の頃って無理にエントリーしちゃったりするじゃない?
なんか、エントリーしていないと損するような気がしちゃって、
おいおい、勝つの前提かよっというツッコミも入りそうなFX初心者の罠。

そこで一つ目の動画は、
エントリーは「待つ」これだけ。売りと買いは気にしなくていい
もう動画タイトル通り、
チャートが自分の作ったシナリオ通りになるまでひたすら待つ事!
上でも書いているけど、
FXトレードでも株式投資でも最初の頃って無理にエントリーしようとしちゃう。
「ここで入っとけばいくらいくら儲けることができたのに…」という妄想。
そしてまだ間に合うと思って無理にエントリーすると反転して損失がー。
こんな経験、多くの人があると思うの。

だから、動画コメントで「笑い声が気持ち悪い」と言われているシュンが、
エントリーのタイミングのヒントを教えてくれるわ。

というか、言うに事欠いて笑い声が気持ち悪いってなんだよw
動画の内容に対してそれは違うんじゃないかとか、
内容がわかりにくいとかならまだしも、
そんなくだらない事をいちいち書き込む暇があるのなら、
黙ってトレード復習でもしとけとお説教よ。

そんなんだから勝てないのよ。(* ̄m ̄)プッ

さて、二つ目の動画は、
FX押し目買いのポイント・鉄板エントリータイミング
相場ってアップダウンを繰り返しながら上や下に動いてるわけじゃない?
上昇トレンドの途中に一時的な調整(反落)で買うのが押し目買い。
上でも書いてるけど、相場はアップダウンを繰り返しているんだから、
上がり始めた時に慌てて買うんじゃなく、
調整を待って買えば利益も大きく取れるわけよね。

ただ、いくら相場がアップダウンを繰り返しているとはいえ、
いつも思い通りに相場が形成されるとは限らないのが怖いところ。
いきなりブレイクして「あばばばば」ってなるリスクもあるわ。

もっとも?
押し目を待たずに焦って買ったところでそれが天井掴みとも限らない。
結局自分のシナリオに近い形になるまで『待つ』のが大事って事よね。

三つ目の動画はさっきの反対、
戻り売りのタイミングは?エントリーパターンを覚える』。
先程の押し目買いの反対が戻り売り。
下降トレンドで一時上昇した際に売りで入るのがこれだけど、
こちらも押し目買いと同じようにブレイクして「あべしっ」となるリスクが。

ピアニカ

そうならないために、
こおろぎシュンがよく言っている環境認識を意識していきたいところね。
じゃ、動画を観て参考にしてね~☆

エントリーは「待つ」これだけ。売りと買いは気にしなくていい。

ぶっちゃけ売りも買いも関係なし

まー動画の前半7分は雑談だったわよ。
約18分の動画のうち7分が雑談て!
そんなんだから笑い声が気持ち悪いとか言われんのよ。

話を戻すけど、というか始まってもいなかったから始めるけど、
動画の中でかまきりシュンが言っているように、
例えばドル円での売買はというとい、
円を買ってドルを売るのが『売り』、
ドルを買って円を売るのが『買い』ってことね。

という事はさあ、その時のトレンドに合わせて売りでも買いでもいいって事よね。
その時はドルが上昇トレンドだったら『買い』、
下降トレンドなら『売り』。
ま、このあたりは株と一緒よね。

じゃあエントリータイミングは?

ディーリングアカデミーで教えている三大理論が基本で、
エントリーのタイミングはダウ理論を参考にしてサポレジを用いるんだけど、
その判断にはフラクタル、要は環境認識が大事になってくるわけ。
間違っても「なんとなく上がりそう」とか、
「なんとなく下がる気がする…」なんて、
私のデモトレード時代のような感覚でエントリーなんてしちゃダメよ。

相場の格言、『頭と尻尾はくれてやれ』。
上手にレンジ内でトレードできるようになれば勝率も上がるはずよ。

そうそう、以前カメムシシュンが書いたブログで、
FX勝率80%!なんてあやしい文句は置いといて、
ダウ理論を使ったエントリー方法があったので参考にしてみてね。

FX勝率80%「ダウ理論」を使った鉄板エントリー方法

FX押し目買いのポイント・鉄板エントリータイミング

そもそもどうして押し目買いは勝率が高いと言われるのか

これは理屈は簡単で、
上昇トレンドの始まり、もしくは最中に、
アップダウンを繰り返しながら上昇する中、
アップのあとに起きる調整局面のダウンで買うから。
動画の中で簡単な図を用いてるからそっち見るの推奨!
言葉で伝えるのって難しい~。

た・だ・し、当然ながらきちんと上昇トレンドだと見極める技術は必要よ。
それがないと、よく動画なんかにあがっている大損のやつみたいな、
なんの根拠もなく押し目でナンピン買いしてさらに損失を広げちゃうパターン?
見ている分にはメシウマだけど、
そんな失敗をしないためにもきちんと勉強はしてね!

更に勝率を上げるにはどうすればいい?

結局ディーリングアカデミーの三大理論に戻っちゃうんだけど、
その中でもサポレジ、サポートラインを意識して、
上昇していたチャートが調整で落ちてきて、
ラインに近付いたところがエントリーポイントって事ね。
ラインはサポレジ以外にも移動平均線とか様々な物があるので、
どのラインを参考にするかはその人次第って感じかしらね。

ま、言うのは簡単で、実際はなかなか思い通りにいかないんだけどね。
とりあえず初心者さんでエントリーポイントがわからないという人は、
この押し目買いを参考にしてみてね。

戻り売りのタイミングは?エントリーパターンを覚える

押し目買いも戻り売りも大切なのはシナリオ

カマドウマシュンが言うには、
シナリオさえきちんとできていればエントリーは適当でもおk

例えば戻り売りをする場合、
下降トレンドに入っていることが前提条件じゃない?
その流れの中でならば、どこで入っても結局下がるって事なのよね。
まーエントリーのタイミングで利益の大小は生じるものの、
結局は勝てればいいわけだしね。

シナリオを上手に作るにはエントリーパターンを記憶すること

今までも何度も書いているけど、
結局相場なんてずっと同じような動きをしているわけよね。
そうなると、シナリオを作るには過去のチャート検証が大切ってこと。
この検証が多ければ多いほど、
頭の中には過去の様々な相場がインプットされ、
今の相場がどれに近いのかを判断する材料になるわけ。

地味な作業だけどね、結局はそれが勝つためには一番の近道!
ディーリングアカデミーのメルマガはそんなあなたを少しだけお手伝い。

がんばっていこー!

ピアニカの、今日もかわいいね!のコーナー

ピアニカ

先日大阪土産でりくろーおじさんのチーズケーキっていうの食べたんだけど、
超美味しかった!誰か送って、いえーい!

ぽくっ…