これが最短の時間と労力でトレーダーになる方法です

専業トレーダーの麻子です^^

専業トレーダー麻子

さて、皆さんはこのようなお悩みをお持ちではないですか?

トレーダーとして成功したい。しかし・・・

・独学でやってるけれど、思うように進まない
・手法は手元に幾多あれど、どうにも使いこなせない
・結局は勝てず、稼げず、あきらめかけている
・100pips、200pipと抜き取ってくトレーダーになりたい
・ちゃんと「正規」と呼べるような勉強をしてこなかった事、実は少し後悔している

もし上記のような悩みをお抱えなら、朗報です^^

結論、どのように?どのくらいやればいい?

「結局のところ、どのように?どのくらいやれば?」

「プロトレーダーになれるのか?」

これは私たちが最も頂戴するご質問、ご相談です。

この悩みを解決させていただくために、ディーリングアカデミーのオンライン教室は現体制になって1年半が経過した現在、人数を限定し、教育精度を担保する事でようやくやっと、その問いに対する「明確な答え」を出せるようになってきました^^

そう、私たちはこれまで、メイン講師の太田俊先生と、恐れ多くも「創業トレーダーの1人」というだけの理由で私、山崎麻子も講師補佐として参加させていただき、

「指導の場」

を、約1年半の間、預からせていただいたのです。

それでいて最近、分かった事は「1歩下がる事」

”どう学べばいいのか。どう進めればいいのか。結局それがわからない”

そこまで下がり、まずこの疑問と真剣に向き合う事こそが、最も重要だったんです。

例えばバックテスト(ないしトレード復習)をやればいいのは分かったとして
専業トレーダーが理解している細部の機微、微妙なニュアンスの違いが
学び人の成長を遅め、自信の喪失や不安を呼び込み、進捗を遅らせるんです。

「こうすればいい。ああすればいい。」

そんな情報は巷にあふれかえっていますし、
私たちが提供している基礎コンテンツ内でも
それよりちょびっと高い精度のものを提供しています。

「理解」までは1、2カ月あれは十分なんです。

だけど、その先は?

例えばバックテスト(or トレード復習)を進める中のトレードひとつとって
問題点を抽出できているつもりでも実際に見せていただくと出来ていなかったり
プロ視点で見れば改善すべき点を見落とされていたりします。

太田俊先生と私は日々それらを添削させていただいてますが
皆さんの

”ほんとにこれでいいのかな”

という疑問は、正直に言ってしまえば、大体よくないです^^;

それだと例え目安となる6000トレードをやり遂げたところで
決してゼロではないですが、相応の成果にはつながりません。

じゃあ、どうしたらいいのか?

答えは簡単です^^

「直接のやり取り」に関わる事で、掴み取れるものは計り知れない

大事なのは

「直接のやり取り」

だったんです。

私たちがお見せしてるのは、実際に行った生のトレードですが、
時にはリアルタイムで、一緒にトレードをする事に意味があったんです。

また私たちが添削させていただく際の視点、盲点、アドバイスも
あなたのチャート、あなたのスタンスにフィットさせた上で
考え方の修正と感覚の矯正を行うべきだったんです。

そうやってあなた自身を理解、把握した上でプロの目線をお伝えするのは、
正直こちらも、かなりシンドイ。

自分だけが稼ぐトレードよりも、お見せするトレードの方がエネルギーを消耗しますし
あなたに出していただくチャートとディールから、あなたの脳内の思考と心理を把握し
ご指摘させていただくのは、ハッキリ言ってかなり頭が疲れるし精神も摩耗します。

でも逆に言えば、それを行える環境作りの完成度が
特にここ半年強の発展で一定水準を確実に超えたからこそ
このオンライン教室は今、自信を持ってご案内できる程になりました。

※その分、かなり人数は制限せざるを得なくなりましたが^^;

その内訳を、少しばかりお伝え出来ればと思います。

全ては「トレード復習」から

単純化して言えば、やっぱり「トレード復習」が最重要です^^

私たちは目安として過去2000トレード分の数字を過去チャートにて検証し
統計的に優位性のある指標を用意するようお伝えしています。

だけど最初から上手くゆくわけないので「捨てトレード」を含め
おおよそ6000トレード分を頑張ろう!と教えています。

この試行回数を出来るだけ減らすのが「トレード復習」で、
簡単に言えば専業トレーダーが実際に行ったトレードやバックテストを参考に
ご自身のトレードとの違いを徹底的に埋めて行く作業を行います。

これの効果効能は絶大で、私もかつてこの稽古を経てトレーダーになっています。

専業トレーダーが日誌として残したトレード、ならびに解説が、
そのままあなたの視点を矯正してくれます。

これが「ベース」です。

「日誌の添削」による気づきと改善の補助

とは言えそれだけでは冒頭の通り、見落としてしまう気づきは多々あり、
修正ならびに矯正必須の考え方や感覚が放置されてしまう、
ないし気づけるかが運頼みになってしまいます。

そこで提出いただいたバックテストやデモトレードの日誌を
私たちが直接添削させていただきます。

ストップの位置がおかしい、シナリオに忠実に動けていない、
エントリーのタイミングがおかしい、ダウ理論にのっとれてない、
サポレジの位置がズレている、長い時間足の流れが見えていないなど
より詳細な部分に気づけるか否かが成長スピード大きく左右する。

だけど、自分1人で「気づける範囲」には限界があります。
これがよく分かりました^^

ゆえに私たちは、この添削に関して手を抜くべきではないと決意の上
1トレード単位で徹底的に突っ込ませていただきます。

これによる「気づき」は、確実にあなたの技術を向上させます。

リアルタイムの配信と質疑応答

またメイン講師の太田俊先生も私も、今もって現役の専業トレーダーです。

(※特に太田俊先生は最も最先端を行く現代ディーラーで、
  その技術は私から見ても稀有なほどに磨き抜れています)

そんな私たちが実際に行うトレード、行っているトレード、行ったトレードを
リアルタイムでお見せしながら、その臨場感からしかつかみ取れない「生の感覚」
生徒さんがたにお伝えしています。

例えばSNS配信ならコメント欄等でリアルタイムのやり取りをさせていただけますし
Zoomを使ったグループコンサルではトレードを共有させていただく事も可能です。

このような機会を利用する過程、皆さん自身の「トレード復習」や「バックテスト」
あるいは「デモトレード」に、より確信を持っていただけます。

リアルタイムから学べる技術的要素は過去チャート検証に比べれば少ないのですが
精神的要素の学びに焦点を合わせれば非常に多くのヒントがあり、
結果として得られる「確信」や「自信」が何より大切だと私は考えています。

今回は最大で9名の募集です

ここまででお伝えした通り、
現在のオンライン教室の密度は「マンツーマン住み込みでの修行に次ぐ」
と言って良いくらいには濃いものになっています。

なので生徒さんがたの質の担保のためにも人数を制限し
入り口もメール講座に限定させてもらった都合

「どのくらいで埋まるのか?」

「むしろ埋まるのか?」

が読めず、私たちにその実際のところは測りかねますが、
去年行った7名規模の募集、更にその前の年に行った15名規模の募集等
3日ほどで埋まっていて、今回もこのメールを書いてる時点で
残りの枠は7名です。

※お問い合わせを頂戴した方等へ、先行でご案内いたしました。

いずれにせよ埋まり次第、募集は停止させていただきますが、
もちろんイジワルをしてるわけでも私たちに自信がないわけでもなく
現体制でのフォローアップに対して責任を取り切ろうという意識の表れ・・・
と、受け取っていただければ幸いです。

その分、あなたが諦めない限り、あなたの目標が専業であれ兼業であれ
目標を達成する所までは絶対に私たちも見放しませんので
その点はご安心いただければと思います^^

申し込み方法

お申込みは以下より行えます。

◆申し込みページ
https://honnmono-fx.com/online_form.html

◆オンライン教室のご案内ページ
https://honnmono-fx.com/online.html

14800円 / 月 

※月ごと更新。初月退会可能

※募集人数は残り7名

※申し込み期限は3月12日。

なお上記リンク先は閲覧が規制されていて
お申込みは本記事と、本記事内容をお知らせしている
メール講座のメールからしか行えませんのでご注意ください。

少し不便ですが、コミュニティの質を担保するための処置なので
ご理解いただければ幸いです。

※ちなみに、この記事を読まれてる時点で十分資格はありますので
 あまり怖がらずに来ていただければ幸いです^^

どうしてそこまで本気になったのか

ところで

「どうしてそんなに教えようと思えるの?」
「別に大して儲かんないよね?」
「メリットは何い?」

という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思うので
これにはお答えしておこうと思います。

が、正直・・・

成り行きです^^;

ただ、眉唾ものの成り行きではなく、ちゃんと理由と根拠があります。

私は毎週、生徒さん向けに「麻子雑談」という音声を出させていただいていて
そこでは私が1週間分のチャートを実際にバックテスト形式で振り返り、
解説しています。

が、はじめた当初は本筋とは違う視点から何かしらのヒントを得てもらおうと
取り留めのないお話をさせてもらってました。

そんな中

「暇すぎて絶望していた事がある」

という内容の音声が意外と好評で、少し驚いた事があります。

これは教室内のバックナンバーでしかご確認いただけないので
掻い摘んでシェアしますと、朝起きて「やる事がない」という状態に
心底絶望していた、というお話で

「そういうの聞いた事はあるけれど、イメージはまだ出来ない」
「そんな事で悩むなんて、予想外でした」

など、専業トレーダーの生々しい悩みに
それぞれ感銘を受けていただけたようで嬉しかったのが
当時の記憶として鮮明です。

でもこれ、想像つかないのかもですが、本当にキツいんです^^;

「また眠くなるまで時間をつぶさなきゃいけないじゃん。」

「でも、やりたい事もやるべき事もない。」

「時間がのしかかって来る。絶望」

言い表すなら、そういう感じなのですが・・・

逆に、お金がなくて時間がないというのが大半の現代人の悩みです。

私も元々そうでした。

それもとても苦しい事ではありましたが、皆さんも専業トレーダーになってある程度したら
ほぼ間違いなく、100%とは言いませんが98%、この悩みに直面します。

そして夢中になれるもの、やっていて嬉しいと思う事を見つけ続けるというのが
いかに困難かという現実を知ります。

全然予想がつかないかもしれません。

だけど例えば今あなたが「これがしたい」「あれがしたい」とお考えのあれやそれは、
100%飽きます。本当に時間にして1ヵ月もすれば飽きると思います。
長く持ったとしても半年です。絶対に飽きるんです。

そして「この世界には、何もない」という事に気がつきます。

それでいて、トレーダーの「実働時間」なんて無いようなもので
私も見事この罠にハマり、苦痛で耐えきれなかった時期がありました。

なんにもない「虚無」ほどキツいものはありません^^;

もちろん、それなりに解決できるようにはなったのですが
今でも油断するとその闇に落ちてしまうんですね。

だからトレードを教える場があって、そこで自分のアドバイスをキッカケに
生徒さんが成績を上げて行くのを見るのが面白いと思えた時
そんな大層な想いではないですが「やりがい」のようなものが私の中に沸き起こるんです。

端的にいえば「面白いな」って^^

あと「私は世界に貢献できてる」っていう、ちょっとした受容感でしょうか^^

まぁ、それをもっと端的に簡略化していえば
「暇つぶし」とも言えるので、そう取られるかもですし実際そうなんですが^^;

きりッと言えば

「自由と貢献」

それを少しばかり満たしてくれるのが講師補佐としての役割で、
私も、きっとメイン講師の太田俊先生も、ゆえに手抜き無しで生徒さんがたと
向き合えるんだと思います^^

私たちがお約束できる事

そんなわけで、本場のマーケットで通用している私たちの「職人技」をお伝えしつつ
あなたがトレーダーになるための不安、悩み、問題点を解決し
「確信」と「成果」へ導き続ける事をお約束します^^

今は入り口を宣言しているし、このような少数の募集はあるかもですが
大人数の募集を行う事は、少なくとも向こう1年は絶対にありません。

このオンライン講座の次回募集も、具体的な日時のお約束がとても困難です。

だからこそ、今このタイミングでピンときたあなたに来て欲しいと
私はそう思います^^

◆申し込みページ
https://honnmono-fx.com/online_form.html

◆オンライン教室のご案内ページ
https://honnmono-fx.com/online.html

14800円 / 月 

※月ごと更新。初月退会可能

※募集人数は残り7名

※申し込み期限は3月12日。

新しくあなたと出逢えること、楽しみにしています^^

ps.
その他、ご不明点等ありましたらカスタマー担当へ^^
優秀なスタッフが2名、待機しています^^

◆カスタマー窓口
https://honnmono-fx.com/toiawase.html