FX初心者にユーロドルは難しいのか?値動きの特徴と攻略法

FXを始める際にどの通貨ペアを選ぶべきか迷いますよね。

世界的に取引量の多いとされるユーロドル。

初心者にとっては難しいのでは?という声もあるようですが、実際のところどうなのでしょうか。そんな疑問にプロが答えています。

 

FX初心者にユーロドルは難しいのか?値動きの特徴と攻略法

ユーロドルの特徴

世界的に最も取引量が多いユーロドル(EUR/USD)。

一般論として、ユーロドルはとても値動きの激しい通貨とされている。

一度トレンドが発生すると同方向に強く動いたりするため、値頃感などで逆張りを試みて失敗するケースも多いのだとか。

そのためユーロドルは素直に順張りをするべきという意見がある。

時間帯でいうと、ロンドン市場は17時~2時、ニューヨーク市場は22時~7時のため、両者が重なる日本時間の夜から夜中にかけて取引量が多く値動きが大きいという傾向も。

値動きが大きいということは、その分利益を得られる可能性を秘めている。ユーロドルで取引するうえで重要となるのが、ヨーロッパやアメリカの指標

アメリカはもちろんのこと、イギリス、ドイツ、フランスなどの経済指標も相場に影響を与えるとされているため注意しておかなければならない。

その上で、重要な経済指標が発表される際には、初心者など始めはトレードを避けた方が無難だとされている。

 

このように大きい利益が得られる可能性がある反面、逆行すると一気に資金を溶かしてしまう恐れのあるユーロドル。

変な癖がなく、やりやすいという意見も多いが、専業トレーダーによっては苦手意識もある通貨

その特徴として、レンジも多い反面でトレンドが発生すると、急激な動きをするという癖がある。そのため、やりにくいというよりも、“そういう特徴を持つ通貨が好きかどうか”。

例えば、レンジ中もずっとスイングトレードで保有するため、マイナスのスワップポイントが発生したりする。

ただ分かりやすいときは分かりやすい…が、ユーロドルでの勝率が良くないため、普段はポンドドルドル円ばかり。というパターンもある。

また、政策金利が明確かどうかなど状況によってやりやすさが変わる。このようにユーロドルがやりやすいかどうかは人それぞれ好みがある。

長くチャートを見ている通貨や初めてやった通貨など慣れもあるため、一概には言えないのだ。

 

本日のまとめ


ユーロドルに限らず通貨ペアにはそれぞれ癖がある。

自分の慣れている・好みの通貨を選ぶのが一番?

 

メルマガも配信中です。お気軽にどうぞ^^