【相場】FXのサイクル理論とは?デイトレでも使える手法?【基本】

FXのサイクル理論とは何か?
相場において有効か?
さらにデイトレードでも使えるのか?
それら疑問にプロが答えています。

 

重要なのは一貫性?

‟サイクル理論とは?”

レイモンド A.メリマンが提唱している理論。

まずチャートの形成において
安値→高値→安値というのを1つのサイクルとされている。

そのサイクルが周期的に一定の間隔繰り返し起こるとする考え。

絶対というわけではなく、約80%の確率で発生するとされている。

 

だがもこのサイクル理論に関し、
一貫性さえ持って実践すれば使える手法だと専業トレーダーは話す。

何周期というのが詳しく決まっており、それに乗っかるだけ。

きちんとやれば痛手を負う負け方はしないし、
それに従いちゃんと損切りを入れていれば勝てるのではないか?という。

専業トレーダーたちは、今までの自分のやり方が固まっており
新しいことをやろうとすると自分のスタイルが崩れてしまう。

そのため意気込んでやろうとは思わないが、

確立していない人であれば
そこを自分の軸としてやってもいいのではないかと話す。

 

 

‟サイクル理論はデイトレでも使える?”

専業トレーダーいわく、日ベースで落とし込んでやれば可能ではないかという。

一般の意見としても、
きちんと数えて計測することでデイトレでも使えるという考えが多くある。

ただ元々誤差が生じるとされているため、
正確なタイミングを判断するのはさらに難しくなりそうですね。

 

一般にもこのサイクル理論だけで利益を上げるのは難しいという意見がみられる。

実際に専業トレーダーもサイクル理論を元にカウントしたところ
有効であると判断していたので、良しとしましょう(笑)

 

本日のまとめ

基本ベースはラインを使いながら、
+αでサイクル理論を自分の武器としてやってみるのも有り♪

ただし、やるならずっとそれを守る!!⇒一貫性。

 

メルマガも配信中です。お気軽にどうぞ^^